.

利用レシートの保存する必要性はないのか?解答についてまず申し上げるとキープする重要な理由は特段ないというのが答えです。

個々人で保存することで個々人が明細をとっておきたいという際残しておけばよいのだろうし、反対にそういうものはいらないという場合には残す理由はないと思われます。

但し月に一度郵送されてくる利用履歴との照合作業時においてはもれなくこのレシートが不可欠なのです。

レシートをそこまでは少なくとも保管しておかないとどこのショップでいつ頃いくらくらい利用したかが確かでなくなることだけではなく、誤りであったり重複した請求があるかの照らし合わせができなくなってしまうためリスキーです。

特にクレジットカードを決済した履歴はレシートを保存していない限りは覚えていないはずです。

短くても利用明細書類が手元にくる1〜2ヶ月くらいは、厳重にレシートを無くさないようにするべきである。

カードのレシート廃棄法)クレジットの明細レシート廃棄の手段は非常に簡単です。

他人に不正利用されないよう、できるだけ細かく破って捨てるだけで大丈夫。

自宅用シュレッダーなどが使える場合は念のため利用するのが良いでしょう。

使用内容を残している利用レシートであるのだからNo等個人の情報について特定されてしまうデータがふんだんに詰まっているのです。

不必要な利用レシートと油断せず破棄は細心の注意を払って行うべきでしょう。

このごろは安全対策のためにカードナンバー等の個人情報が表記されないことも出てはいるが信用しすぎは禁物と考えます。