.

子どもにはある程度の英語能力を付けてもらいたいと思っていますが、 日本語がしっかりと定着するまでは待っています。

やはり母国語はとても大切ですから。

外国語も習い事によりマスターして欲しいですが、 日本語ありきの外国語だと思っているんです。

それに、特に小さい内からの英語系習い事には少し疑問も感じていたんです。

例えば日本の習い事感覚の英会話ですと、 小さい内には歌ったり踊ったりが主流になっています。

しかし、親の私たちが望んでいる英会話能力とは、 外国人にも英語を通じて自国の文化を伝えるのが主です。

それが歌や踊りの習い事で身につくか否か。

よほどのことが無い限り、そんな習い事では自分の気持ちをスラスラと伝えるような英会話能力は身に付かないでしょう。

ですから私は、子どもが小学生になり、 ある程度質の高い習い事が受けられるようになるのを待っているのです。

その方が結局は上達が早いでしょうし、 その時点で習い事をスタートすることで、日本語と英語どちらも徹底的に実力として身に付かせることが出来ると思っています。